心のふるさとをめざして

  今年は創立46年目になりました。いままでの良き伝統と校風を大切にしながら、今年も新しいことに積極的に挑戦できる学校としてさまざまな教育活動を取り組みます。
昨年度は、体育祭、合唱コンクール、学校公開など多くの保護者、地域の方々にご参観いただきました。特に行事関係では保護者の方々に応援や励ましの言葉もたくさんいただきました。今後も、生徒たちの活躍の場をより多くの方々に見ていただければと思っています。
さて、今年度は、府中市でタブレットPCや各教室へのプロジェクター等の整備をしていただきました。ICT機器を取り入れた授業を積極的に推進するとともに、補習授業による基礎・基本の定着など、普段の授業を基本にさらに分かりやすい授業、多様な授業方法を通して生徒の学力向上に結び付けていきたいと思います。
府中第八中学校の教育目標は「すすんで学び、丈夫なからだで、みんな仲よく」です。
一人一人の生徒が、自らの個性を活かし、自ら目的をもって学習課題に取り組む姿勢をもち、心身共に健康を意識して活動でき、お互いにコミュニケーションを取り合いながら自他のことを大切にできる生徒を育てていきたいと考えています。
地域の方々、保護者の皆様とともに郷土を愛し、郷土に生きる市民の育成をめざし、府中第八中学校が一人一人の生徒にとって、『心のふるさと』となるように全ての教育活動を考えていきます。
どうぞよろしくお願いします。

 

平成31年4月1日
府中市立府中第八中学校
校長  佐藤 光宏